『十字架のろくにん』登場キャラ:久我大地はいつ死亡?

おすすめマンガ

『十字架のろくにん』は『別冊少年マガジン』(講談社)で連載スタートして、漫画アプリ『マガポケ』(講談社)に移籍した中武士竜先生の漫画です。

壮絶ないじめを受けていた漆間俊が特殊な訓練で強くなり、かつて自分をいじめていた人たちに復讐を果たすマンガです。

この記事では登場人物のひとり久我大地(くがだいち)についてまとめています。

主な登場人物についてはこちらの記事を参考にしてください。

『十字架のろくにん』は「まんが王国」で読むことができます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

『十字架のろくにん』久我大地とは?

久我大地(くがだいち)は漆間俊(うるましゅん)をいじめていた5人組のうちの1人です。

5人の中では「暴力」担当で、小学生のころから投げ技、絞め技、打突などなど格闘技の練習と称して、さまざまな暴力を振るわれてきました。久我に目をつけられてから、俊が血を流さない日はなかったほどです。

久我大地は全国中学校柔道大会で優勝するほどの猛者であり、俊以外の周りの人間に対しても傍若無人に振る舞っていました。男子生徒に漆間俊の家を放火させたり、その男子の腕を折ったり、人の彼女に乱暴したりと、毎日やりたい放題やっていました。

杉崎杏奈の存在

杉崎杏奈は至極京のいとこです。子供のころの久我大地を知っており、きっとその頃に戻れレはずと信じて、彼を更生させようと考えています。

漆間俊はいつも久我と一緒にいる杏奈を使い、久我を呼び出すことにします。

久我大地への復讐

漆間俊はまず久我に柔道で戦いを挑みます。俊が柔道着を着ていることを確認すると、自分のことをなめているのかといらだちます。俊も善戦しますが、握力180kgの久我につかまれてしまい、馬乗りになられてしまいます。

そこからボコボコにされるかと思いきや、すぐに旋回で抜け出します。さらには俊に背負い投げを決められてしまい、顔面が崩壊します。

失神した久我が目を覚ますと、パンツ一丁でつり上げられていました。そして、無数のシャコがいるドラム缶の中に下ろされます。ドラム缶に火をつけると、無数のシャコが久我を襲い始めます。

そのまま久我の肉を食い破り始めると、あまりの激痛に久我が絶叫します。シャコによって痛めつけられている久我を後にして、片付けの準備をしていると、久我がいなくなっています。

杏奈が久我を助けて外に連れ出していたのでした。しかし、目を覚ました久我は杏奈のことを京と勘違いし、さらには「ずっとこうしたかった」と言って、杏奈の服を破り始めます。

俊が慌てて杏奈のところに向かいますが、彼女はもう死んでました。さらには久我が凶器で襲いかかってきます。

再びまた俊に倒された久我は今度は手足を結ばれていました。そんな久我に対して俊はブロックをひたすらたたきつけ始めます。

『十字架のろくにん』読むなら「まんが王国」がおすすめ

「まんが王国」で『十字架のろくにん』を読むことができます。気になっていた人は、ぜひお試しで読んでみてください!

「まんが王国」は無料マンガが常時3,000作品以上あるため、タダでさまざまなマンガを読むことができます。

日替わりで1巻無料漫画があったり、期間限定で3巻無料漫画があったりするため、マンガ好きな人は、ぜひ登録をおすすめします!

コメント