『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』は打ち切り?

おすすめマンガ

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』はユノという少年が主人公の異世界マンガです。神と契約できる世界で無能呼ばわりされるユノが中心となりストーリーが展開していきます。

実はユノは生まれた直後にゼウスという名の神と契約しており、強すぎる力の制御に精一杯でいつも力を出せずにいます。

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』はそんな彼の本当の力が描かれる異世界ファンタジーとなっています。

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』は「まんが王国」で読めます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』ネタバレあらすじ

主人公の少年・ユノは剣や魔法で実力が測られる世界で暮らしています。

この世界では人生に一度だけ、神と契約することができます。契約した神の知名度でその人の強さが決まります。

魔法が全然使えないユノは周りから無能だと馬鹿にされたり見下されたりしていました。

しかし、実はユノは生まれてからすぐにゼウスという神と契約を結んでいました。

ゼウスの大きすぎる力を抑えるために全力を注いできたユノは、周囲の人たちには実力を見せないまま暮らしていました。

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』は打ち切り?

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』は小説のコミカライズになっています。

作者の猫夜叉さんはもう1年以上物語の続きを更新していません。原作が進んでいないため、コミックのほうも打ち切りになってしまうのではと噂されています。

また月刊コミック電撃大王でも休載と発表されて、その後の報告もないため事実上の打ち切りではと考える人も多いようです。

コミックは3巻まで発売中

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』の単行本は現在3巻まで発売しています。

単行本3巻は2022年06月27日に発売されました。

これまでの発売ペースを考えると最新刊の4巻は2023年の01月ごろに発売されるのではと予想されます。

『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』読むなら「まんが王国」がおすすめ

「まんが王国」では、『真の実力はギリギリまで隠していようと思う』を読むことができます。気になっていた人は、ぜひお試しで読んでみてください!

「まんが王国」は無料マンガが常時3,000作品以上あるため、タダでさまざまなマンガを読むことができます。

日替わりで1巻無料漫画があったり、期間限定で3巻無料漫画があったりするため、マンガ好きな人は、ぜひ登録をおすすめします!

コメント