『チェンソーマン』打ち切り回避の理由は?どうして移籍した?

おすすめマンガ

『チェンソーマン』は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた藤本タツキ先生のマンガです。第1部「公安編」が2019年から2021号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(集英社)で連載中です。

2022年10月にはテレビ東京系列でアニメ化されました。

大人気マンガですが、一時期打ち切りの噂が出たことがありました。

この記事では『チェンソーマン』が打ち切りだと噂になった理由と打ち切り回避できた理由について解説していきます。

『チェンソーマン』は「まんが王国」で読むことができます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

『チェンソーマン』打ち切りの噂が出た理由

『チェンソーマン』は人気マンガでありつつも打ち切りの噂が出たことがありました。

打ち切りの理由①:完結までの展開が急

『チェンソーマン』は人気作品にも関わらず、連載開始から2年で第一部が完結しています。コミックスは全11巻と他の作品と比べると、急に終わった印象がありました。

展開が急に動き出したり、登場人物が次々と死んでいったため、打ち切りに合わせて無理矢理ストーリーを終わらせようとしているのではと感じた読者も多いようです。

ただトリッキーなストーリー展開は作者の藤本タツキ先生の得意とすることのため、最初からこのように終わらせる予定だったとも十分に考えられます。

あのまま終わってしまえば打ち切りと思われても仕方ありませんが、あくまで第一部が終わっただけで、第二部の告知もあったため、打ち切りだとは考えづらいです。

打ち切りの理由②:ジャンプらしくないグロテスクな描写

『チェンソーマン』は週刊少年ジャンプの作品としてはかなりグロテスクです。

内臓が出るシーンがありますし、人が惨殺されていくシーンもあり、とにかくグロテスクな描写が多いです。

週刊少年ジャンプの対象年齢は高学年の小学生も含まれているため、それにしてはかなり過激なシーンがたくさんありました。

主人公のデンジも少年誌の主人公らしくなく、とにかく己の欲求に忠実に活動します。女性キャラのパワーも嘘つきで自己中という少年誌らしくないキャラクターになっています。

『チェンソーマン』打ち切り回避の理由

打ち切りの噂が立った『チェンソーマン』ですが、国内外での人気を集め、アニメも高い評価を受けています。コミック累計発行部数は1,500万部を突破しており、大ヒット作品といっても過言ではありません。

このように高い人気があったことが打ち切り回避の理由になったのかもしれません。

先が読めずに考察の余地があるから

『チェンソーマン』の展開はかなりトリッキーで、どのように進んでいくのかなかなか見えてきません。物語が進んでいくと、精神的にも辛い展開が増え、それでも先を見たいと思う欲求が抑えきれなくなっていきます。

また意味ありげな描写やあえて語られない部分なども多く、考察要素がふんだんにあるのも人気の理由かもしれません。

一度読んだだけではわかりづらいかもしれませんが、考察が好きな人にはたまらない作品となっています。

第2部が『少年ジャンプ+』になったのはなぜ?

第1部は『週刊少年ジャンプ』で連載されていた『チェンソーマン』ですが、第2部は「少年ジャンプ+」で連載されています。

移籍した理由は、公式には発表されていませんが、担当者が移ったことが原因だと予想されています。

『チェンソーマン』を担当した林士平(りんしへい)さんは『ダンダダン』『スパイファミリー』などの人気作品を手がけています。少年誌である『週刊少年ジャンプ』よりも「少年ジャンプ+」のほうが表現の幅が広がるため移籍したのではとも考えられています。

SNS上の感想・反応

『チェンソーマン』読むなら「まんが王国」がおすすめ

「まんが王国」では、『チェンソーマン』を読むことができます。気になっていた人は、ぜひお試しで読んでみてください!

「まんが王国」は無料マンガが常時3,000作品以上あるため、タダでさまざまなマンガを読むことができます。

日替わりで1巻無料漫画があったり、期間限定で3巻無料漫画があったりするため、マンガ好きな人は、ぜひ登録をおすすめします!

コメント