『ガンニバル』実写のドラマ配信はどこで見られる?無料配信はしている?

ドラマ原作

『ガンニバル』は『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で2018年から2021年まで連載されていた二宮正明先生のマンガです。

日本の山間にある「供花村」で起こる殺人事件や慣習を描いたサスペンス作品で、村内で絶大な権力を持つ後藤家に対して、都会から赴任してきた駐在員の阿川大悟が不審な事件を捜査していきます。

2022年12月28日に『ガンニバル』は実写ドラマ化されて配信されています。

累計発行部数200万部を超える大人気漫画で、柳楽優弥や笠松将らの実力派俳優がキャストを務めているということで話題になりました。

では『ガンニバル』のドラマはどこで観ることができるのでしょうか。

この記事では『ガンニバル』実写ドラマについての情報をまとめています。

『ガンニバル』のあらすじについてはこちらの記事を参考にしてください。

『ガンニバル』は「まんが王国」で3冊無料で読むことができます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

実写ドラマ『ガンニバル』はどこで見られる?配信サイトは?

実写ドラマ『ガンニバル』はディズニープラスで2022年12月28日から日本で独占配信されています。

初回のみ1話と2話が配信され、以降毎週水曜日に1話ずつ追加されています。

ディズニープラスにはお試し期間がないため、ドラマ『ガンニバル』を見るためには月額990円が発生します。

ドコモ経由で契約すると、契約月のみ月額料金を日割りしてくれるため、若干お得に見ることができます。

ディズニープラスは、ディズニー関連作品に特化したサイトですが、話題のドラマやアニメなども見放題となっています。ディズニープラス独占配信作品も多いため、ディズニー好き以外でも十分楽しめる配信サイトになっています。

ディズニープラスは無料で見られる?

ディズニープラスはディズニーが公式に運営している動画配信サービスです。

月額料金を支払うことで、配信されている映画やドラマ、アニメなどの作品がすべて見放題になります。

ディズニー関連作品だけでなく、MARVEL作品やスターウォーズ関連作品なども見られるため、着々とユーザーを増やしています。

ディズニープラスには「月額プラン」と「年額プラン」が用意されています。

年額プランを利用すると実質2カ月分が無料になるため、継続して利用することを考えている場合は年額プランがおすすめです。

現在、ディズニープラスでは無料お試し期間は設けられていません。

そのため、『ガンニバル』を見るためには「月額プラン」か「年額プラン」のどちらかに加入する必要があります。

実写ドラマ版『ガンニバル』のキャスト

柳楽優弥(阿川大悟)

主演の阿川大悟は実力派俳優としても名高い柳楽優弥さんが演じています。

是枝裕和監督の映画『誰も知らない』でデビューし、史上最年少でなおかつ日本人初の「カンヌ国際映画祭 男優賞」を受賞しています。

笠松将(後藤恵介)

後藤家の次期当主・後藤恵介を演じるのは笠松将さんです。

NHK大河ドラマ『青天を衝け』で主人公・渋沢栄一の孫・渋沢敬三を演じ、注目を集めた実力は俳優です。

ドラマ『岸部露伴は動かない』や映画『リング・ワンダリング』などに出演しているほか、情報番組「ZIP!」ではパーソナリティを務めたりと、さまざまな方面で活躍しています。

吉岡里帆(阿川有希)

主演である大悟の妻・有希を演じるのは吉岡里帆さんです。

2017年のドラマ『カルテット』でブレイクし、ゼクシィやどん兵衛、綾鷹などなどたくさんの大手企業のCMに出演している人気女優です。

2022年には映画『ハケンアニメ!』で「山路ふみ子映画賞 女優賞」を受賞しており、人気だけでなく、演技力も高い評価を受けている女優さんです。

ドラマ版『ガンニバル』制作陣

監督:片山慎三

片山慎三監督は、障がいをもつ兄妹を主人公にした映画『岬の兄妹』でデビューしています。地方都市の暗部や家族の本質をあぶりだした作品で、「ヨコハマ映画祭 新人監督賞」を受賞しています。

映画『さがす』では「TAMA映画賞 最優秀新進監督賞」を受賞しており、今注目の若手監督のひとりです。

これまでに人間の深層を描いてきた片山監督が『ガンニバル』をどのように表現したのか期待が高まります。

脚本家:大江崇允

『ガンニバル』の脚本を勤めたのは映画『ドライブ・マイ・カー』で「カンヌ国際映画祭 脚本賞」を受賞した脚本家の大江崇允(おおえ たかまさ)さんです。

『ガンニバル』と『ドライブ・マイ・カー』は「人間の普遍性を描く」という点で共通点があるという大江さんが、どういった表現をするのかが楽しみなところです。

『ガンニバル』読むなら「まんが王国」がおすすめ

「まんが王国」では、現在『ガンニバル』が3冊無料で読むことができます。気になっていた人は、ぜひお試しで読んでみてください!

「まんが王国」は無料マンガが常時3,000作品以上あるため、タダでさまざまなマンガを読むことができます。

日替わりで1巻無料漫画があったり、期間限定で3巻無料漫画があったりするため、マンガ好きな人は、ぜひ登録をおすすめします!

コメント