『東京ヒゴロ』無料で読む方法・ネタバレ・あらすじ

おすすめマンガ

『東京ヒゴロ』は『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載されている松本大洋先生のマンガです。

大手出版社を早期退職した漫画編集者が理想のコミック誌を自腹で創ることを決意するストーリーで、『このマンガがすごい!2022オトコ編』で第5位を受賞しました。

作者の松本大洋先生は『鉄コン筋クリート』『ピンポン』『竹光侍』など人気作品を多数描いています。

『東京ヒゴロ』は「まんが王国」で読むことができます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

 

『東京ヒゴロ』ネタバレあらすじ

塩澤和夫は30年間漫画編集者として働いてきましたが、自らが立ち上げた雑誌の廃刊の責任を取り、大手出版社を早期退職します。

漫画編集者を辞めた塩澤でしたが、かつて担当していた作家にアドバイスをしたり、後輩の相談に乗ったりという日々を過ごしていました。

完全に漫画と決別しようとする塩澤でしたが、やはり漫画から離れることはできません。

しばらくして塩澤は、かつて担当した作家の葬儀に出席しました。漫画家の立花礼子は人気絶頂のときに描くことが苦しくなり、そこから自分が描きたいものしか描かないようになります。その結果、漫画は売れなくなってしまうのですが、塩澤は彼女のことを気にかけていました。

立花の葬儀に出た塩澤は、もう一度漫画雑誌を創りたいと思い立ち、退職金を注ぎ込んで、理想のコミック誌を創ることを決意します。

そうして自分が信じる作家たちを訪ね歩き、執筆を依頼することにしました。

『東京ヒゴロ』登場人物・キャラクター

塩澤和夫 (しおざわかずお)

大手出版社の小学社を早期退職した漫画編集者です。50歳過ぎの独身で、黒縁メガネに短髪が特徴です。

真面目な性格ですが、表情に乏しく、冷たく見られることもあります。漫画編集一筋でやってきましたが、自分が立ち上げた雑誌廃刊に責任を感じて出版社を退職します。

漫画と決別しようとしましたが、結局思いは捨てきれず、自分の理想のコミック誌を創るために奔走します。

みやざき長作(みやざきちょうさく)

スキンヘッドで肥満体型のベテラン漫画家です。以前は塩澤和夫が担当していました。塩澤から長作が描くマンガが「空っぽ」だと指摘されますが、自分でもそれを感じていました。なんとか昔のような輝きを取り戻そうとしています。

青木収(あおきしゅう)

塩澤和夫が担当していた漫画家の男性です。長髪の無精ヒゲで、細身の長身です。塩澤が退職して新しく担当になった編集者の林りり子と仲がよくありません。

林りりこ(はやしりりこ)

塩澤和夫から引き継ぐことになった漫画編集者の女性です。メガネにセミロングでクールな印象があります。青木からは、もともとが文芸誌の編集が希望だから漫画に対して愛がないといわれています。

『東京ヒゴロ』感想

『東京ヒゴロ』読むなら「まんが王国」がおすすめ

「まんが王国」では、『東京ヒゴロ』を読むことができます。気になっていた人は、ぜひお試しで読んでみてください!

「まんが王国」は無料マンガが常時3,000作品以上あるため、タダでさまざまなマンガを読むことができます。

日替わりで1巻無料漫画があったり、期間限定で3巻無料漫画があったりするため、マンガ好きな人は、ぜひ登録をおすすめします!

コメント