『青のオーケストラ』のパクリ疑惑!どのマンガと似ている?

おすすめマンガ

『青のオーケストラ』は『マンガワン』(小学館)、『裏サンデー』(小学館)などで連載されている青春ウェブコミックです。

元天才ヴァイオリニストの青野一が仲間たちとの交流を経て、再びヴァイオリンに対する情熱を取り戻していくストーリーになっています。実在の部活動がモデルになっており、千葉県幕張総合高等学校シンフォニックオーケストラ部への取材を元に描かれています。

2023年4月からアニメ化の予定もある人気作ですが、口コミを見ていると「パクリでは?」という声も見かけます。

では『青のオーケストラ』のどの部分が、どの作品のパクリといわれているのでしょうか。詳しく調べてみました。

『青のオーケストラ』のあらすじについてはこちらの記事を参考にしてください。

『青のオーケストラ』は「まんが王国」で読むことができます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

『青のオーケストラ』は『四月は君の嘘』のパクリ?

『四月は君の嘘』はアニメ化、実写化、舞台化までされている人気作品です。

では『青のオーケストラ』と『四月は君の嘘』はどんな点で似ているといわれるのでしょうか。

パクリ疑惑①ヒロインが似ている

『青のオーケストラ』と『四月は君の嘘』でもっとも似ているといわれているのは広いんです。

『青のオーケストラ』のヒロイン・秋音律子と『四月は君の嘘』のヒロイン・宮園かをりは、どちらもバイオリン奏者で主人公が音楽への情熱を取り戻すきっかけになります。

また、真面目で努力家、明るい性格ですが、実は辛い過去があったり、大きな悩みを抱えていたりします。

『青のオーケストラ』秋音律子

主人公の青野とは中学3年生のときに知り合います。いつも一生懸命で何事にも全力で挑む優等生で明るい女の子です。

親友をいじめからかばったせいで自分が標的になり、保健室登校になっていました。そんな彼女がバイオリンを弾いているところを見て、青野は再びバイオリンを演奏するようになります。

『四月は君の嘘』宮園かをり

宮園かをりは個性的な演奏をするバイオリン奏者として知られていました。彼女は近い将来自分が病気で命を落とすことをしっており、聴いた人の記憶に残るような演奏を心がけています。

実は主人公の公生の演奏を5歳のときに聴いており、彼にいつか伴奏をしてほしいという思いでピアノからバイオリンに転向した過去があります。

パクリ疑惑②主人公を好きになるヒロイン以外の存在

『青のオーケストラ』と『四月は君の嘘』は、どちらも中高生がメインキャラクターです。

その中で、ヒロインの他にもうひとりの女の子が主人公を好きになるという設定が共通しています。

『青のオーケストラ』の場合

ヒロインの秋音律子の他に、小桜ハルが主人公の青野のことを好きになります。

秋音とハルは親友で、お互いの気持ちに気づいているような印象があります。もともとハルは大人しい性格でしたが、青野に対しては積極的に自分の気持ちを伝えています。秋音は青野に上手く気持ちを伝えられずにいました。

『四月は君の嘘』の場合

ヒロインの宮園かをりの他に、澤部椿が主人公の公生のことを好きになります。

かおをりは公生への自分の気持ちを手紙に書き綴り、それをコンクール終了後に公生に渡すように両親に託します。椿は音楽科のある県外の高校に進学すると聞き、大きなショックを受けます。

パクリ疑惑③主人公が音楽から遠ざかっている

『青のオーケストラ』と『四月は君の嘘』の主人公は、両方とも最初は音楽から遠ざかっています。

『青のオーケストラ』の場合

青野は父親が不倫して、それがスキャンダルになったショックでバイオリンを演奏するのを辞めてしまいます。

尊敬していた父親が不倫していた事実と、母親が悲しむ姿を目の当たりにして、父のことを思い出させるバイオリンから距離をおいていました。

『四月は君の嘘』の場合

公生は母親との思い出がトラウマとなり、ピアノを弾くのを辞めてしまいました。

公生の母親は彼に対して譜面通りに正確な演奏をするよういつも厳しく指導していました。しかし公生が母親の病気の回復を願って感情的にピアノを演奏したところ激怒してしまいます。それに対して公生が「お前なんか、死んじゃえばいいんだ」というと、間もなく母は本当に亡くなってしまいます。

『青のオーケストラ』と『四月は君の嘘』の異なる部分

大きな違いでいうと『青のオーケストラ』の青野はオーケストラ部に所属していて、『四月は君の嘘』の公生はソリストです。

オーケストラでは周囲に合わせる必要があるため、自分の好きなようには演奏できません。ソリストはひとりで演奏するため、自分の思い描いたように演奏することができます。

『青のオーケストラ』のヒロイン・秋音律子はまったくの初心者ですが、『四月は君の嘘』の宮園かをりはコンクールに出場するほどの実力者です。

また、宮園は悲劇的な最期を迎えてしまいますが、秋音にそういった予兆はありません。

結論:似ている部分はあるがパクリではない

『青のオーケストラ』と『四月は君の嘘』は確かに似ている部分はあるものの、パクリとまではいかないでしょう。

とくにヒロインの存在が似ていたため、パクリだという噂が出回ったのかもしれません。

ただストーリーの展開は大きく異なりますし、主人公の音楽への取り組み方も大きく違います。

どちらも魅力的なマンガであることは変わりないため、まだ読んでない人は、ぜひ一度読んでみることをおすすめします。

コメント