『地獄楽』ヌルガイは最後に死亡する?典坐とは結婚?

おすすめマンガ

『地獄楽』(じごくらく)はウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』で2018年1月22日から2021年1月25日まで連載されていた賀来ゆうじ先生のマンガです。

江戸時代後期、死罪人である画眉丸たちが不老不死の仙薬を探しに向かうアクションマンガです。

2023年4月にはテレビ東京系列でアニメ化もされています。

『地獄楽』アニメ中止の噂についてはこちらの記事でまとめています。

この記事では『地獄楽』の人気キャラクターであるヌルガイについてまとめています。

サンカの民であるヌルガイが気になる人は、ぜひ最後まで目を通してください。

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】

「DMMブックス」は「DMM.com」が提供する電子書籍サービスです。

通常は書籍の購入金額に応じて1%分がポイント還元されます。還元されたポイントは「DMMブックス」「PCゲーム/ソフトウェア」「GAME遊び放題」といったサービスで使うことができます。

「DMMブックス」最大のメリットは、クーポンやポイント還元で50%以上の割引になるセールがあることです。さまざまな本が半額以下で買えるため、本好きの人は必見です!

「DMMブックス」には初回購入限定で70%割引が適用されるクーポンがもらえるため、まだ登録していない人はぜひ登録してみてください。

70%オフで買える書籍の上限は100冊なので、どんな本でも70%オフで買えますよ!

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】

『地獄楽』ヌルガイのプロフィール

名前ヌルガイ
年齢12歳
性別女性
氣(タオ)
ペアの山田浅ェ門典坐(てんざ)

ヌルガイは、まつろわぬ民・サンカ(山の民)の末裔で、見た目は少年のようですが、実は女性です。

幕府に帰順せず、独自の文化で生きるまつろわぬ民は、将軍にとっては逆賊でした。何も知らないヌルガイは、道に迷った侍を集落に連れてきてしまい、その結果、仲間たちは虐殺されてしまいます。

さらには自身も無実の罪で死罪人となってしまいます。

自らの過ちで集落がバレてしまい、仲間が皆殺しにされたことで、ヌルガイは強い自責の念にかられていました。

ヌルガイと典坐(てんざ)の関係

ヌルガイの監視役となったのが典坐です。

典坐は幕府側の人間でありながら、ヌルガイの事情を知り、島から脱出させようとします。

「生きる道があるのなら生きるべきだ」と典坐はヌルガイを説得しますが、自責の念が強いヌルガイはそれに同意しません。

しかし、典坐の熱い思いに触れることで、本当は自分に山に帰りたいのだということに気づきます。

ヌルガイの性別に気づく典坐

典坐はヌルガイのことを男の子だと思っていました。

しかし血を洗い流そうとヌルガイが半裸になったことで、女の子だったとわかります。

もともとヌルガイも自分の性別を隠す気はありませんでした。

さらには典坐の男気に惚れたヌルガイは、彼に逆プロポーズするのでした。

ヌルガイは典坐と結婚した?

ヌルガイと典坐は戦闘を繰り返すうちにお互いに信頼感が増していきました。

典坐もヌルガイのことを異性として意識していたのかもしれません。

しかし典坐は朱槿(ぢゅじん)との戦いで命を落としてしまいます。死亡する前に師である士遠にヌルガイのことを託します。

また、最期のとき典坐は自分とヌルガイの結婚式の様子を思い浮かべるのでした。

もし典坐が生き残っていたら、2人は結婚していた可能性が高いでしょう。

ヌルガイと士遠の関係性

ヌルガイは最終的に生き残ります。また、士遠も生き延びます。

士遠はヌルガイを連れて旅に出るので、山田家の敷居は2度とまたがないと伝えます。

そして生きて島を出たヌルガイは、士遠とともに安住の地を探す旅にでるのでした。

各地でさまざまな問題を解決していく彼女たちは、人々から「子連れ座頭」と呼ばれるようになります。

島から出たヌルガイは驚くほどの美少女に成長し、男性からも声をかけられるようになります。

そんなヌルガイのことを士遠は父親のように守るのでした。

まとめ

最後にこの記事のポイントをまとめます。

  • ヌルガイの性別は女性
  • ヌルガイは最後まで生き延びる
  • ヌルガイのペアである典坐は死亡する
  • 脱出後、ヌルガイは士遠とともに旅に出る

ヌルガイのことを典坐から託された士遠は、彼女の師匠として最後まで彼女を守り続けます。それは島を脱出してからも変わりませんでした。

2人の関係性をもっと知りたい人は、ぜひ原作をチェックしてみてください。

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】

コメント