『フェルマーの料理』あらすじ・紹介

フェルマーの料理 おすすめマンガ

『フェルマーの料理』は『月刊少年マガジン』で連載されている小林有吾先生の料理マンガです。

これまでさまざまな料理マンガが登場しましたが、『フェルマーの料理』は「数学」と「料理」を掛け合わせているところが斬新で、多くの注目を集めています。

今までに見たことがなかったような料理マンガになっているため、興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

『フェルマーの料理』ネタバレあらすじ

高校生の北田岳は数学者を目指していました。けれども、自分はこの世界でトップになることはできないと気づき、その道を諦めてしまいます。

岳は高校の学食でアルバイトをしていると、怪しい男性の朝倉海に出会います。

彼はまかないで岳が出していたナポリタンを食べると、あまりのおいしさに感動してしまいます。実は海は23歳にして一ツ星レストランを経営する天才シェフでした。

海は岳に対して料理の才能があることを伝え、彼を料理の世界へと誘うのでした。

『フェルマーの料理』登場人物・キャラクター

北田岳(きただがく)

高校3年生の男子です。数学の才能があり、数学者を目指していましたが、自分の才能に限界を感じて、その道に進むことを諦めます。そのことが学校の理事長の逆鱗に触れてしまい、退学の危機に陥ってしまいます。これまで免除されていた学費を稼ぐために学食でアルバイトを始めます。

朝倉海(あさくらかい)

23歳で一ツ星レストランを経営する若き天才シェフです。岳が学食のまかないで出してくれたナポリタンに感動して、彼の料理の才能を見抜きます。そうして数学の道を諦めた岳を料理の世界へと誘います。

魚見亜由(うおみあゆ)

岳と同じ学食でアルバイトをしている高校3年生の女子です。スポーツ科に所属しており、見た目はギャルっぽいですが、岳のことを何かと気にかけてくれています。

西門理事長(さいもんりじちょう)

岳たちが通っている私立ヴェルス学園の理事長です。岳の数学の才能に期待していましたが、彼が数学オリンピックの選考会で白紙で答案を出したことを知り、激怒します。さらに岳のことを退学させようとします。

フェルマーの料理に登場する「ナポリタン」

『フェルマーの料理』に登場するナポリタンは、身近な食材を使っていますが、数学的に正しい方法で作られているため、一流シェフである海をうならせました。

『フェルマーの料理』1巻にはレシピが載っており、SNS上で実際に作っている人の感想が見られます。

ナポリタンのレシピに使われている材料は、ごく一般的なもので特殊な食材などは使われていません。

材料(2人前)
スパゲッティ(1.8〜1.9ミリ)…200g
玉ねぎ…1/4個
ウインナー…4本
ピーマン… 1個
ケチャップ…大さじ7
ワインビネガー…大さじ1
マヨネーズ…大さじ2

単行本には作り方も詳細に説明されているため、興味がある人はぜひ1巻を読んでみてください。

作り方を少し変えるだけで味がぐっとおいしくなるため、必見です!

『フェルマーの料理』を無料で読むには

『フェルマーの料理』の電子書籍を無料で読むためには、U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに無料会員登録するとポイントがもらえるため、それを使ってコミックを購入することができます

無料期間内に解約すれば、一切お金はかからないので、ぜひ登録してみることをおすすめします。

また、講談社コミックプラスでは『フェルマーの料理』の第1話を試し読みすることができます。

コメント