『トリリオンゲーム』あらすじ・紹介

トリリオンゲーム おすすめマンガ

『トリリオンゲーム』は『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で2021年から連載されている原作・稲垣理一郎先生、作画・池上遼一先生のマンガです。

稲垣先生は『週刊少年ジャンプ』で連載されている『Dr. STONE』の原作者でもあります。

世界一わがままな陽(はる)と、まじめで小心な学(がく)。正反対の性格の2人が、ゼロから起業して、世界長者番付トップ10に名を連ねるまでに成長していく姿を描いた破天荒な企業ストーリーです。

『トリリオンゲーム』あらすじ

世界長者番付トップ10に名を連ねたハルとガク。わがままなハルとまじめなガクは正反対の性格ですが、2人でこの世のすべてを手にできるほどの金額を手にします。

2人は中学時代の最後の春に出会いました。

ガクが不良に絡まれているところを春が助けたのです。ハルは監視カメラの死角だからと安心して不良たちを殴り倒したのですが、トラックが動いたことでカメラに映り込んでいたことに気づきます。

暴力事件が学校にバレてしまえば高校に入れなくなると思ったガクは、自分を助けてくれたハルのために監視カメラをハッキングして、ハルが暴れていた動画を削除します。

その手際の良さにハルは驚愕して、それ以来2人は親友になりました。

その後、2人は同じ大学を出て、就職活動を始めます。ガクはコミュニケーション能力が低く、すべての企業から落ちていました。ハルは持ち前の明るさとハッタリで採用されたのですが、内定を辞退します。

ハルは「口とハッタリで世渡りするハルのような男」と「しっかりとした腕があるガクのような男」、ビジネスで成功するにはこの両輪が必要だと言いました。

そうしてハルとガクは2人で協力して、ゼロから会社を立ち上げることになります。

『トリリオンゲーム』登場人物・キャラクター

天王寺陽(てんのうじはる)

容姿端麗な「世界一のワガママ」を自称する青年です。ガクとは中学時代からの同級生です。口が上手く、ハッタリで世の中を渡っていくタイプの人間です。しかし、決して口だけではなく、頭脳明晰で語学にも通じており、身体能力も高いです。

ガクのIT知識とパソコン技術を高く評価しており、2人で起業して、1兆ドル(トリリオンダラー)を稼ぐことを目標にします。

ドラゴンバンクの内定を取りますが、ガクを採用しなかったことを理由に内定式中にやめてしまいます。

平学(たいらまなぶ)

中学時代、不良に絡まれていたところをハルに助けられ、それをきっかけに親友になります。ハルとは正反対の性格で、コミュニケーションが苦手で、小心者です。幼少時代からコンピュータに強く興味を持っており、膨大な知識を蓄えています。

その知識を買われて、ハルから一緒に起業することを誘われます。

黒龍キリカ(こくりゅうきりか)

日本最大のIT企業「ドラゴンバンク」の社長令嬢です。

20歳そこそこでドラゴンバンクの取締役を務めています。周りからは「桐姫」と呼ばれています。また、コネで取締役になっていると思われていますが、人を見る目は確かです。

ハルとガクのことを高く評価しており、2人に1億円の出資を申し出ます。

黒龍一真(こくりゅうかずま)

ドラゴンバンクの社長です。財力にものを言わせて、さまざまなめぼしい企業を買い叩いています。

ハルたちの事業が軌道に乗ってくると、事業内容を丸々パクったショップを開店して、広告を打ちまくって潰そうとしてきます。

『トリリオンゲーム』を無料で読むには

『トリリオンゲーム』の電子書籍を無料で読むためには、U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに無料会員登録するとポイントがもらえるため、それを使ってコミックを購入することができます

無料期間内に解約すれば、一切お金はかからないので、ぜひ登録してみることをおすすめします。

コメント