『北北西に曇と往け』アイスランドツアーの内容は?

北北西に曇と往け おすすめマンガ

『北北西に曇と往け』はアイスランドを舞台にしたマンガです。

主人公は特殊な能力を持った17歳の男の子で、職業は探偵です。アイスランドでは祖父と一緒に住んでいます。

舞台がアイスランドということもあり、さまざまな観光地や豆知識が登場して、さながらガイドブックのようでもあると評判です。

今回はアイスランドについてと、登場する観光地について紹介していきます。

アイスランド共和国とは?

アイスランドは国土面積が10,300平方キロメートル、人口は364,000人です。日本と比較すると、国土面積が小さく、人口も少ないです。

イメージ的には寒そうな印象がありますが、暖流と地熱のおかげでそこまで寒さは厳しくなく、ほとんど日本と変わらない紀行です。

6月上旬から9月中旬がベストシーズンとなっているため、アイスランドツアーが多く組まれています。

『北北西に曇と往け』に登場するスポット

ハットルグリムス教会/Hallgrímskirkja

アイスランド最大の教会です。高さは74mで、展望台に上ることができます。展望台からはレイキャビックのカラフルな街並みを一望することができます。

個性的なデザインの建物ですが、そのモデルはアイスランドの山・氷河・トラップ岩と言われています。

『北北西に曇と往け』の本編に登場するレイキャビックは、アイスランドの首都です。レイキャヴィークと表記することもあります。アイスランド島南西部のレイキャネース半島の根元に位置しており、人口は市内だけだと12万人、周囲の市を含めた首都圏全体でだいたい21万人ほどです。アイスランドの全人口の約3分の2がここに集中しています。

チョルトニン湖/Tjörnin

第3話の最後に主人公の慧が、祖父と一緒に歩いているのがチョルトニン湖のほとりです。

本編ではたくさんの水鳥が描かれていますが、実際にたくさんの水鳥がいるそうです。ハットルグリムス教会からも近く、ついでに寄りやすいです。

グトルフォス/Gullfoss

黄金の滝とも呼ばれる、とても大きな滝です。幅は最大で70メートル、滝は2段階構成となっており、15メートルと30メートルもあります。

滝の勢いがすさまじいため、近くまで行くと服がびしょびしょになってしまいます。

アイスランドツアーの費用はどのくらいかかる?

実際に2020年に組まれた「北北西に曇と往けツアー」では、マンガ本編に出てくる間欠泉、黄金の滝、ミレイキャダールル、スコーガフォス、レイキャビックなどを訪れるのですが、旅行費用は418,000円でした。

このツアーには、日本語を話せるガイドさんがつくため、初めて海外に行く人でも安心のパックになっています。

このようなパックではなく、個人でアイスランドを回りたい場合は、だいたい25万円ほどかかります。一般的なアイスランドツアーだと35万円くらいが相場です。

レイキャビック周辺はそこまで距離があるわけではないため、レンタカーを利用すれば主要なスポットはだいたい回ることができます。海外旅行に慣れている人ならば、自分で計画を立てて聖地巡礼してみるのもよさそうですね。

『北北西に曇と往け』を無料で読むには

『北北西に曇と往け』の電子書籍を無料で読むためには、U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに無料会員登録するとポイントがもらえるため、それを使ってコミックを購入することができます

無料期間内に解約すれば、一切お金はかからないので、ぜひ登録してみることをおすすめします。

コメント