『青のオーケストラ』ネタバレあらすじ感想

青のオーケストラ おすすめマンガ

『青のオーケストラ』は『マンガワン』(小学館)、『裏サンデー』(小学館)などで連載されている青春ウェブコミックです。

元天才ヴァイオリニストの青野一が仲間たちとの交流を経て、再びヴァイオリンに対する情熱を取り戻していくストーリーになっています。実在の部活動がモデルになっており、千葉県幕張総合高等学校シンフォニックオーケストラ部への取材を元に描かれています。

『青のオーケストラ』ネタバレあらすじ

かつて、さまざまなコンクールで優秀な成績を収めていた天才ヴァイオリニスト少年の青野一は、父親のスキャンダルに衝撃を受け、ヴァイオリンを弾くことをやめてしまいます。

両親が離婚して、母親と二人暮らしになった一は、中学で何の目標もなく、ただただいたずらに無為な時間を過ごしていました。そんなときに保健室でヴァイオリンを練習していた秋音律子と出会い、再びヴァイオリンに対する熱意を取り戻します。

猛勉強をして高校に入学した一は、秋音とともにシンフォニックオーケストラ部に入部します。ずっとヴァイオリンを弾いていなかったため、ブランクはありましたが、もともとの才能もあって同年代の中では屈指の技術を持っていました。

部活の中で、ライバルとなる佐伯直と出会い、お互いに切磋琢磨しながら実力を高めていきます。

『青のオーケストラ』登場人物・キャラクター

青野一(あおのはじめ)

父親がヴァイオリニストで幼い子から手ほどきを受けていました。そのおかげでコンクールでは優秀な成績を数々残し、天才児として名を馳せていました。しかし、父親の不倫にショックを受けて、ヴァイオリンを弾くのをやめてしまいます。やがて、両親も離婚して、一は母親と二人暮らしすることになります。

これまでヴァイオリンしかやってこなかったため、運動神経も悪く、勉強もできない一は、何の目標もなく中学校生活を送っていました。しかし、保健室でヴァイオリンを練習していた秋音律子と出会ったことでヴァイオリンへの情熱を取り戻します。

高校に進学した一は、シンフォニックオーケストラ部に入部して、1年生ながらオーディションで定期演奏会のメンバーに選ばれます。部活で高い技術を誇る佐伯直と出会い、お互いをライバルと認めながら何かと張り合うようになっていきます。

秋音律子(あきねりつこ)

勝ち気な性格をした女の子です。退屈な時間をまぎらわすために聞いていたヴァイオリンのCDをきっかけに、ヴァイオリンに興味をもつようになり、独学で練習を始めます。思ったことをすぐ口に出してしまう性格で、やりたいと思ったことは我慢できません。

初めては一に対して壁がありましたが、積極的に関わるようになり、一のヴァイオリンへの情熱を呼び覚ますきっかけになりました。

佐伯直(さえきなお)

12歳までドイツに住んでおり、日本語はしゃべることはできるものの、読み書きが苦手な男子です。青野一がヴァイオリンをやめたころに、ヴァイオリニストとして活躍し始めます。その腕前は一が憧れるほどで、周りと合わせて演奏する技術も高いです。

実は青野一の父親である青野龍仁の不倫相手は、佐伯直の母親です。そのため、一に対しては複雑な感情を抱いています。

鮎川広明(あゆかわひろあき)

一たちが通う海幕高校シンフォニックオーケストラ部の顧問を務めている中年男性です。優秀な指揮者で、練習の際は自ら指揮棒を振るいます。とても厳しい性格で、青野一に対しても容赦なくだめ出しをします。

けれども決して悪意があるわけではなく、心の中では一や佐伯直たちに対して期待を寄せています。

『青のオーケストラ』を無料で読むためには

『青のオーケストラ』の最新話は公式サイトである『裏サンデー』で読むことができます。

『青のオーケストラ』

の電子書籍を無料で読むためには、U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに無料会員登録するとポイントがもらえるため、それを使ってコミックを購入することができます

無料期間内に解約すれば、一切お金はかからないので、ぜひ登録してみることをおすすめします。

コメント