『キリングバイツ』に登場するチーターのキャラは誰?

キリングバイツ おすすめマンガ

『キリングバイツ』は2014年から連載されているバトルアクションマンガです。獣化により、さまざまな動物の能力を得た獣闘士たちが、「牙闘(キリングバイツ)」という戦いで、所属する財閥のために闘います。

動物をモチーフにしていることもあり、個性的な登場人物が多数登場します。

今回はその中から「狩猟豹(チータ)」の呼び名を持つ中西獲座について紹介します。

チーター・中西獲座(なかにしえるざ)

八菱財閥に所属する獣闘士で、中西大河の妹です。

身長は160cmで、普段はツインテールのギャルっぽい女子高生です。

獣化すると、ヒト型を保ったまま手足に毛が生えて、チーターの耳や尻尾が生えてきます。部分獣化の状態でも、獣化しているヒトミの攻撃を回避し、高速走行状態のまま急反転できるほどの瞬発力を誇ります。

動体視力もかなりよく、相手に攻撃されてもすぐに受け身を取ることが可能です。地上最速の肉食動物ということもあり、スピードも攻撃力も高いです。

ヒトミに対して興味を持っており、身体の必要な部位だけを獣化させる「部分獣化」についてアドバイスしました。

極度のブラコンで、兄の大河のことを誰よりも敬愛しています。

第2章では兄の大河が旅に出たため、牙闘からは遠ざかっていました。しかし、獣獄祭の予選で「Aチーム」として参加し、新人たちをふるいに落とします。

チーターの特性

チーターはほ乳網・食肉目・ネコ科の動物です。アフリカのサハラ砂漠以南、西アジア、中近東などに生息しています。陸上を走る動物の中でもっとも速く、時速100km以上の速度で走ることができます。ただし、持続力はなく、200~500mほどしか、この速さで走ることはできません。

チーターの爪は、野球やサッカーのスパイクのような働きをしています。これで地面を引っかけることで、より速く走れるようになっているわけです。

動物の中ではとても能力が高いですが、人間によって乱獲・密猟されて、絶滅を危ぶまれる動物となっています。

ティガ・中西大河(なかにしたいが)

八菱財閥に所属する獣闘士で、エルザの兄です。

獣化すると虎に似た縞模様が現れ、腕は虎の腕になります。脚力に優れ、圧倒的な戦闘力を誇ります。

第2章では旅に出ていたのですが、優牛から誘われて「Aチーム」として大会に参加することになります。

アニメ版『キリングバイツ』チーターの声優は?

アニメ版『キリングバイツ』でチーターの中西獲座の声優を担当しているのは、内田真礼さんです。

大人気声優の1人で、『アオハライド』の吉岡双葉、『さんかれあ』の散華礼弥、『約束のネバーランド』のノーマン、『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花などの声優を担当しています。

『キリングバイツ』を無料で読むには?

『キリングバイツ』の最新話はウェブコミック配信サイトの『コミプレ』で読むことができます。

もともとは『月刊ヒーローズ』に連載されていたのですが、本誌が休刊になってしまったため、すべての連載作品がこの『コミプレ』に移籍しています。『キリングバイツ』もその中の1つです。

コミプレはヒーローズが運営する配信サイトで、さまざまなマンガを無料で読むことができます。

『キリングバイツ』の電子書籍を無料で読むためには、U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTに無料会員登録するとポイントがもらえるため、それを使ってコミックを購入することができます。無料期間内に解約すれば、一切お金はかからないので、ぜひ登録してみてください。

コメント