『でっちあげ』無料で読む方法・ネタバレ・あらすじ・感想

でっちあげ おすすめマンガ

『でっちあげ』は『月刊コミックバンチ』に掲載されていた原案・福田ますみ先生、漫画・田中康平先生の漫画です。2016年に発売された原作の小説をマンガ化した社会派ヒューマンストーリーになっています。

小学校教諭の川上は、優柔不断なところがありますが、誠意を持って児童を指導していました。しかし、児童の母から川上が体罰をしていると苦情が入ります。川上にはまったく身に覚えがありませんでしたが、マスコミを巻き込んで大事件へと発展していきます。

『でっちあげ』は「まんが王国」で1冊無料で読むことができます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

『でっちあげ』ネタバレ・あらすじ

小学校教諭の川上は、家庭訪問で児童の家庭を回っていました。ある日、担任している児童の浅川の家から「今日が家庭訪問のはずだがまだか」と連絡が入ります。しかし、確認してみると、家庭訪問の日はその次の日のはずでした。

この日しか時間が取れないと浅川家の要望があり、20時を過ぎていたにも関わらず、川上は家庭訪問に行きました。

浅川の息子である裕二は、かなりの問題児でした。協調性がなく、クラスメイトに対して暴力を振るうようなこともありました。しかし、親にはそういった話はせずに、無難な話だけで済ませます。浅川の親は、まったく関係のない話ばかりをしており、川上はただただ相づちを打っていました。

後日、浅川が学校に乗り込んできます。それは川上に対するクレームでした。裕二にアメリカ人の血が流れていることに対して差別的な発言をしたとか、裕二に対して普段から暴力を振るっているとか、川上にとって身に覚えのない話ばかりでした。

校長や教頭は川上の味方にはなってくれず、結局、浅川一家に謝罪することになります。

けれども事件はそれだけでは収まらず、浅川は川上に対して裁判を起こすのでした。

『でっちあげ』登場人物・キャラクター

川上譲(かわかみゆずる)

小学校教諭です。優柔不断なところがありますが、生徒に対して真摯に接しています。ある日、身に覚えのない体罰のえん罪被害を受けることになります。

浅川和子(あさかわかずこ)

川上が担当している児童、浅川裕二の母親です。家庭訪問で川上と話しますが、後日、学校に乗り込んできて、さらには川上を裁判で訴えます。

浅川裕二(あさかわゆうじ)

川上が担当している児童です。問題行動が多く、クラスメイトに暴力を振るうこともあります。

『でっちあげ』感想

身に覚えがない罪で訴えられてしまうえん罪事件を描いた物語です。マスコミに責め立てられた川上は、6カ月の停職に追い込まれてしまいます。しかし、弁護士のおかげで彼の無罪が証明されるのですが、それまで大変な目に遭ってしまいます。

自分に非がなくても、いつこういった目に遭うかは誰にもわかりません。

そう考えると、この話がいかに恐ろしいかがわかりますね。

『でっちあげ』を読むなら「まんが王国」で

「まんが王国」では、現在『でっちあげ』が1冊無料で読むことができます。気になっていた人は、ぜひお試しで読んでみてください!

「まんが王国」は無料マンガが常時3,000作品以上あるため、タダでさまざまなマンガを読むことができます。

日替わりで1巻無料漫画があったり、期間限定で3巻無料漫画があったりするため、マンガ好きな人は、ぜひ登録をおすすめします!

コメント