『生者の行進Revenge』無料で読む方法・ネタバレ・あらすじ・感想

おすすめマンガ

『生者の行進Revenge』は『ジャンプ+』(集英社)で連載されている原作・みつちよ丸先生、作画・佐藤祐紀先生のホラーサスペンスマンガです。

前作『生者の行進』で準主役的な役割だった神原省吾が主人公になっており、前作の後日談のような物語になっています。直接的なつながりはないため、『生者の行進Revenge』からでも読むことができます。

いじめの主犯格の生徒ばかりが猟奇的な死に方をしたため、その謎を主人公達が救命していきます。

『生者の行進Revenge』は「まんが王国」で読むことができます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

『生者の行進Revenge』ネタバレあらすじ

先生になった神原省吾は赴任先の中学校でいじめを苦に、自殺寸前まで追い込まれた玉木理華という生徒に出会います。理華が持っていたお守りには強力な呪いがこめられており、その呪いによって人が死んでいます。

このいじめをしていた生徒ばかりを殺すお守りについて神原は調査を始めます。

『生者の行進Revenge』登場人物・キャラクター

神原省吾(かんばらしょうご)

前作『生者の行進』のときは少年でしたが、大人になり、さらには学校の先生になっています。霊が見える上に、除霊も出来る霊能力者です。霊が見えるだけでなく、生きている人間の波動も見ることができます。

母親と同じような太陽のようにまぶしい波動をもつ女性、佐倉遙と病院で出会いますが、彼女が行方不明になってしまいます。過去につきあったことがあり、今でも未練がある省吾は消えてしまった遙の行方を捜します。

玉木理華(たまきりか)

2年2組でいじめにあっている女子生徒です。ある日、突然クラスの中心グループから無視されるようになり、どんどんいやがらせがエスカレートしていきました。担任の先生には無視をされ、親にも相手にしてもらえませんでした。

いじめに耐えきれず自殺をしようとしたところ、代理でやって来た教師の神原に声をかけられます。その後、呪いのお守りに関わったことで、神原と行動を共にするようになります。

佐倉遙(さくらはるか)

神原省吾の同級生で、省吾が家族以外で唯一、心を許せる相手です。病院に勤めており、そこの理事長の息子と結婚することになったたま、省吾からの告白を断ります。

たまたま怪我をして病院にやってきた省吾と再会しますが、その後、失踪してしまいます。

大山田乃亜(おおやまだのあ)

玉木理華に目をつけて、いやがらせをしているいじめの主犯格です。

吉川泪(よしかわるい)

前作の主人公だった男性です。高校生の時、殺人事件の捜査に陰ながら協力して、犯人を追い詰めたことがあります。神原省吾と同じように霊能力者で、霊感がない人に対しても霊を見せることができる能力を持っています。

現在は大学の医学部に通っています。

『生者の行進Revenge』感想

『生者の行進Revenge』読むなら「まんが王国」がおすすめ

「まんが王国」で、『生者の行進Revenge』を読むことができます。気になっていた人は、ぜひお試しで読んでみてください!

「まんが王国」は無料マンガが常時3,000作品以上あるため、タダでさまざまなマンガを読むことができます。

日替わりで1巻無料漫画があったり、期間限定で3巻無料漫画があったりするため、マンガ好きな人は、ぜひ登録をおすすめします!

コメント