『十字架のろくにん』登場キャラ:右代悠牙はどうやって死亡?

おすすめマンガ

『十字架のろくにん』は『別冊少年マガジン』(講談社)で連載スタートして、漫画アプリ『マガポケ』(講談社)に移籍した中武士竜先生の漫画です。

壮絶ないじめを受けていた漆間俊が特殊な訓練で強くなり、かつて自分をいじめていた人たちに復讐を果たすマンガです。

この記事では登場人物のひとり右代悠牙(うしろゆうが)についてまとめています。

主な登場人物についてはこちらの記事を参考にしてください。

『十字架のろくにん』は「まんが王国」で読むことができます。

「まんが王国」は株式会社ビーグリーが2006年から運営している電子コミック専門サイトです。もともとは「ケータイ★まんが王国」という名前だったのですが、その後、2011年に現在の「まんが王国」に変わりました。

「まんが王国」の大きな特徴は、無料マンガの多さです。

常に3,000作品以上が無料で読めるようになっており、さまざまな作品を試し読みできるようになっています。

また、日替わりで1巻無料まんがを提供しており、期間限定で3巻まで無料で読めるサービスなども提供されています。

まんが王国には2つの料金パターンが用意されています。

  • 月額コース
  • ポイント追加

月額コースでは毎月ポイントが獲得でき、それを使ってまんがを購入することができます。加入するコースによってはボーナスポイントや特典などもあります。

ポイント追加は、欲しいまんががあったときにその都度ポイントを追加する方法です。基本的には1ポイント1円で購入することができます。

新規会員登録すると、ポイントの半額が返還されるクーポンがもらえます。

これを使ってお得にまんがをゲットしちゃいましょう!

『十字架のろくにん』右代悠牙とは?

千光寺克美(せんこうじかつみ)は漆間俊(うるましゅん)をいじめていた5人組のうちの1人です。

5人の中では「イケメン」担当で、小6にして「ヤリチン」と呼ばれるほどのプレイボーイです。

小学生の頃はよく自転車に乗っており、「400ccアタック」と言いながら漆間俊に蹴りを入れていました。また性的な好奇心が人一倍強く、漆間俊を使って自分の欲求を満たしていた節もあります。

右代は至極からさまざまな知恵を授かり、ドラッグの売買や売春の斡旋など、犯罪行為に手を染めていました。最悪な性格をしているにも関わらず、女性を魅了する力が強く、相手はついつい彼のいいなりになってしまいます。

相手に暴力で恐怖を植え付けてから、ハグをしつつ優しい言葉をかけるという洗脳で、女の子はみんな右代に対して盲目的になっています。

桜葉花蓮(さくらばかれん)の存在

右代は中学生のときに桜葉花蓮という女性に一目惚れをしました。それから熱烈なアプローチを繰り返して、ついにはつきあうことになります。

右代が帝星高校を目指したのは、彼女の志望校だからでした。

しかし、彼女は行方不明になってしまいます。

実は右代が彼女のことを監禁していたのでした。

花蓮は監禁生活で情緒不安定になっており、いつの間にか「コロして」とつぶやくようになっていました。右代はそんな彼女のことにはおかまいなく、ただの性欲のはけ口としてしか見ていませんでした。

右代への復讐

右代が目を覚ますと、そこはアパートの一室でした。

漆間は苦悩の梨という拷問器具を使い、右代の肛門を裂いていきます。痛みのあまり、右代は気絶してしまいます。

再び右代が目を覚ますと、前には花蓮がいました。

そこからは花蓮の手によって拷問が始まります。苦悩の梨の小型版を右代の尿道に入れて、最大限まで開いて股関節を破裂させました。

『十字架のろくにん』読むなら「まんが王国」がおすすめ

「まんが王国」で『十字架のろくにん』を読むことができます。気になっていた人は、ぜひお試しで読んでみてください!

「まんが王国」は無料マンガが常時3,000作品以上あるため、タダでさまざまなマンガを読むことができます。

日替わりで1巻無料漫画があったり、期間限定で3巻無料漫画があったりするため、マンガ好きな人は、ぜひ登録をおすすめします!

コメント